【グローバリスト】米富豪ソロス氏の財団、ハンガリーでの事業中止 政府の「抑圧」受け

【5月15日 AFP】ハンガリー出身の米富豪、ジョージ・ソロス(George Soros)氏の慈善団体「オープン・ソサエティー財団(OSF)」は15日、ハンガリーでの事業を中止し、拠点をドイツの首都ベルリンに移転すると発表した。オルバン・ビクトル(Orban Viktor)政権の「抑圧的」な政策への対応措置だという。

 これについて同財団は、非政府組織(NGO)に対し「さらなる制約を課」そうとするオルバン首相の措置を受けての判断と説明している。

 オルバン首相は以前から、ソロス氏が欧州への移民の流入を画策してきたと批判。今年に入り、国外からの資金提供を受けるNGOへの規制強化を目指す通称「ストップ・ソロス法」の導入を発表した。(c)AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3174715

ひとこと

典型的金融ユダヤ。戦争を煽り金を集め、更には人口を減少させる計画を着々と進めてきた彼だが、
反グローバリズムのオルバン首相によって計画の修正を余儀なくされた。